Twitterで今後のイベントの予定などをツイートしています

 

「歩きたい!」というお客様が1人でもいらっしゃれば、イベントを開催いたします!

個人情報について

 

当舎代表岡本永義の著書です。東海道を歩かれる皆さまにお薦めします。

 

個別注文も承ります

個人・団体様からの個別の注文をお請けいたします。古地図散歩に行きたいコース、または行きたい場所をメール(info@arukitabi.biz)にてお知らせください。

 

キャンセルの場合
必ず前日までに電話かメールにて連絡をお願いします
キャンセル料はかかりません

電 話
042-374-8986
(9:00〜21:00)

メール
info@arukitabi.biz
(24時間)

※間違い防止のため、キャンセルのお申し出には「お申し込みフォーム」を使用しないでください。

 

 

こちらでも古地図散歩
を開催しています

セブンカルチャークラブ

よみうりカルチャー

イオンカルチャークラブ

目黒学園カルチャースクール

街歩きの達人

L.L.Bean

散歩かふぇちゃらぽこ

今シーズンの古地図散歩は、6月24日が最終開催です。

7月、8月は通常の古地図散歩はお休みします。その間は、今年も夏休み企画を実施予定です。古地図散歩は9月下旬から再開します。


古地図散歩中に書籍「江戸城の全貌」を販売

古地図散歩にご参加いただいたみなさまを対象に、新刊書籍「江戸城の全貌」の販売を行います。古地図散歩にご参加いただく上でもたいへん参考になる本です。
ご購入希望の方は、イベント中にガイドに声をおかけください。お申し込み時のご予約もうけたまわります。
数に限りがあります。売り切れの際はご容赦ください。

歩き旅応援舎の今後のイベント開催予定などをメールで配信しています。登録はこちらから。 メールアドレスを入力してお申込みください。

※携帯電話などでは迷惑メール設定により届かないことがあります。



歩き旅応援舎で働きませんか?
ガイド志望者募集!


お申込み受付中の  
  町あるきイベント

現地集合・現地解散 3時間で5〜6km
1人〜10人程度の少人数で和気あいあい
快い疲れと充実感が残る町あるきです
お一人でも、ご家族とでも、
あるいはお友達と誘い合わせても

お申込みをお待ちしております!

各イベントをクリックすると詳細が表示されます

お申し込み期間について

この欄に開催予定が掲載されたと同時に、お申し込みを受け付けを開始し、開催日前最後の平日の午後10時に締め切ります。 締め切り前であっても、早期に残数がわずかになった場合は一旦受け付けを休止し、締切日3日前に受け付けを再開します。 そして定員に達するか、あるいは締切日まで受付を行います。 開催日間近まで予定のわからない皆さまも、予定が確定してから安心してお申し込みください。

5月21日 古地図散歩に行こう!市ヶ谷・牛込細道めぐり

市ヶ谷〜飯田橋の西に広がる台地の上で、江戸時代からある細い道を歩きます。 今は普通の住宅地の道も、かつては御家人の組屋敷や寺町の中を通っていた道でした。 江戸の町から東京へ。その市ヶ谷・牛込編です。

13:30〜16:30ころ 参加費2000円  ガイド:岡本永義

受け付けを終了しました

5月27日 古地図散歩に行こう!赤坂見附〜牛込見附

江戸城外堀の門だった赤坂見附跡を出発し、北の丸公園内を通ってやはり外堀の門だった飯田橋駅前の牛込見附の跡まで歩きます。 江戸城の外堀と内堀の門の跡、それらの間にあった旗本の武家屋敷が現在どうなっているか? 江戸時代の町並みが明治以降現在にいたるまで移り変わってきた様子が、東京の町の成り立ちです。

9:00〜12:00ころ 参加費2000円  ガイド:岡田英之

5月27日 古地図散歩に行こう!神田裏路地めぐり

広い地域を表した地名「神田」。このうち神田川南側の内神田を古地図を見ながら歩きます。 神社や町名、道の形などにも江戸の名残を留める内神田、町人たちの熱気があふれた場所をめぐります。

13:30〜16:30ころ 参加費2000円  ガイド:岡田英之

京都まであるく東海道 第6期

一泊二日で京都を目指して東海道を歩きます。今期は尾張国から伊勢国へと入ります。桶狭間合戦古戦場、熱田神宮、七里の渡し跡から桑名城跡、戦国時代の豪族たちの城跡などを経て亀山宿までです。 めざす京都はまもなくです!

開催日時(2017年)
4月1日・2日 前後駅〜本笠寺駅(泊)〜熱田宿
5月6日・7日 桑名宿〜伊勢朝日駅(泊)〜四日市宿
6月3日・4日 四日市宿〜加佐登駅(泊)〜亀山宿
参加費 各回4500円  ガイド:岡本永義
※各回の1日のみの参加も可能です。参加費などはご相談ください

6月10日 古地図散歩に行こう!四ツ谷寺町・内藤新宿

四ツ谷の内藤家の屋敷地を削って新しく造られた甲州街道の宿場、それが内藤新宿です。 寺院と武家屋敷の町が宿場になり、やがて日本一の繁華街へと変貌していった町、新宿。 江戸時代の古地図を見ながら、その起源と悲哀にせまります。

9:00〜12:00ころ 参加費2000円  ガイド:岡田英之

6月10日 古地図散歩に行こう!四ツ谷細道めぐり

四ツ谷の地で江戸時代から使われている細い道を歩きます。 ポイントは、組屋敷、寺町、そして大名屋敷跡。 一見すると普通の道にも、それぞれ江戸から東京への移ろいが刻まれているのです。

13:30〜16:30ころ 参加費2000円  ガイド:岡本永義

6月11日 古地図散歩に行こう!高輪品川海岸線

かつては道沿いまで海が迫っていた高輪と品川ですが、今はそこを歩いても海はありません。 しかし古地図片手にめぐっていると、そこに海が見えてくるのです! 町中にかつての海の痕跡を見つけつつ、海沿いの人々の暮らしに迫ります。

13:30〜16:30ころ 参加費2000円  ガイド:岡本永義

6月17日 古地図散歩に行こう!虎ノ門〜大手町

江戸時代に大名の上屋敷街だった一帯を歩きます。 近代的な高層ビルが多い地域ですが、あちらこちらに江戸時代の遺物や痕跡が残り、「東京の真ん中にこんな物が!」という驚きの連続です。

9:00〜12:00ころ 参加費2000円  ガイド:岡本永義

6月17日 古地図散歩に行こう!三田寺町・増上寺

江戸の“都市計画”に基づいてつくられた寺町を、三田台と芝に訪れます。 様々な歴史や伝承が残る寺々をめぐりながら、江戸から東京への町の移り変わりを見て回りましょう。

9:00〜12:00ころ 参加費2000円  ガイド:岡田英之

6月17日 古地図散歩に行こう!江戸の水路跡 築地編

築地本願寺の門徒によって埋め立てられた築地とそこに廻らされた築地川。 寺を建てるために造成されたのに、その後の築地は大名屋敷や外国人居留地など時代によって激しく変遷します。 築地川の跡をめぐりながら、築地の町の変遷を見て回ります。

13:30〜16:30ころ 参加費2000円  ガイド:岡田英之

6月18日 古地図散歩に行こう!日比谷〜芝

江戸の中でも東海道沿いで賑わった日比谷、銀座、新橋、芝を歩きます。 江戸時代ばかりではなく、明治以降の文明開化の遺跡も多く残る地域です。 古地図と現在の町とを見比べながら、江戸から東京へ移りゆく町の姿を楽しみましょう。

9:00〜12:00ころ 参加費2000円  ガイド:岡田英之

6月18日 古地図散歩に行こう!竜閑川跡

江戸時代に掘られ戦後埋め立てられた水路「竜閑川」は、江戸の庶民の町だった日本橋地区を縦断していました。 その跡と周辺には、石町時の鐘跡、小伝馬町牢屋敷跡、蛎殻銀座の跡など見どころもいっぱいです。 江戸の庶民の生活の名残をお楽しみください。

13:30〜16:30ころ 参加費2000円  ガイド:岡本永義

6月18日 古地図散歩に行こう!田町〜赤坂

田町から麻布にかけては江戸時代には大名の中屋敷・下屋敷が立ち並ぶ場所でした。 その中でも幕末の政局の中心にいた薩摩藩と長州藩の屋敷跡を訪れつつ、かつては江戸城の外堀があった赤坂まで歩きます。 途中には史上最強の力士雷電為右衛門の墓があり、江戸時代の面影を残した坂道も魅力です。

13:30〜16:30ころ 参加費2000円  ガイド:岡田英之

6月24日 古地図散歩に行こう!東新宿〜市ヶ谷

新宿区に点在する文化財をめぐるコースです。 戦災で9割が焼失した新宿区ですが、残った1割の地に江戸時代の建造物が多数残されています。 道の形や地名にも“江戸”が色濃く残るエリアを歩きながら、富士塚、試衛館道場跡、浄瑠璃坂の仇討ちの地などを訪れます。

9:00〜12:00ころ 参加費2000円  ガイド:岡田英之


私たちがご案内します

岡本永義
東海道・古地図散歩担当。好きなもの:地名 石垣 庚申塔 民間信仰 伝説・伝承 神さま 東海道

岡田英之
古地図散歩担当。好きなもの:江戸の生活道具 建築様式 浮世絵 刀剣・武具 民間信仰 石仏・石塔 富士塚


締切は開催前最後の平日の午後10時

迷惑メール防止設定により、携帯電話・スマートフォンへの返信メールが届かない事例が多発しています。 ご自身で設定した覚えがなくても、販売店で設定していることがよくあります。 お申し込みの際は必ず迷惑メール防止設定の有無を確認の上、設定されている場合には歩き旅応援舎のメールアドレス「info@arukitabi.biz」が受信できるように設定をお願いします。
また、お申し込みをしたのに2〜3日しても返信がない場合は、必ず歩き旅応援舎までご連絡ください。


 


©株式会社歩き旅応援舎 2013-2016

全ての画像及び文章について無断転載はご遠慮願います